ブルークレール化粧水(ローズエステリッチローション)の気になる成分と期待できる効果は?

化粧水

ブルークレールの化粧水(ローズエステリッチローション)はさらっとしたテクスチャーでありながらも肌への浸透が感じられる人気の化粧水です。

オーガニックローズの癒しの香りがとても優雅な気分になる化粧水で私も愛用しています。

こちらの化粧水ももちろん全成分(36種類)においてキャリーオーバーゼロで私たちに全ての成分を表示してくれています。

配合されている全成分の中でも特に気になる成分をチェックしてみました。

すると注目する成分がたくさん含まれていました!

その成分がお肌にもたらす美肌効果は?

ブルークレールの化粧水(ローズエステリッチローション)に入っている成分は?

さらっとした化粧水

  • 肌を構成する成分・天然植物成分を豊富に配合
  • APPS(次世代型ビタミンC誘導体)、水溶性ビタミンC誘導体(製品の抗酸化剤)のダブルのビタミンCを配合
  • アルジルリン配合(整肌成分)
  • 低分子ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチン等の肌成分配合
  • コメ発酵液、褐藻エキス等、天然の和漢配合
  • 天然ローズマリーエキス使用(保存料)
  • 白神山地の湧水とオーガニックローズ水を合わせて100%使用
  • 合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料使用はなし

全部で23種類の植物成分、3種類の肌成分、2種類のペプチド成分、2種類の持続型ビタミンC誘導体が配合されています。

これでもかってくらい肌に良さそうな成分が含まれていますね♪

注目する成分と期待できる効果は?

化粧水

ではその豊富に入った成分の中で特に気になる成分に注目してみました♪

セラミド3

乾燥肌やシワの予防にもなる優れた保湿効果があります!

セラミドはもともと体内にある成分で、肌をしっとりと潤わせて水分を保持すると言われています。

ただ加齢や気候の変化、環境の変化などによって、セラミドの量は減ってくるんです(>_<)

また乾燥肌、敏感肌の人は、一般的にこのセラミドの量が少なく、バリア機能が低下しているのでぜひセラミドが配合されている化粧品でセラミドを補いたいところです。

ただセラミドはセラミドでもドラッグストアに売られているようなセラミド配合化粧水(疑似セラミド配合)では残念ながら効果は薄いです!

疑似セラミドは大量生産ができて安価な成分なので、ヒト型セラミドの方が断然効果が高いんです。

ヒト型セラミドは酵母を利用して生成され、人間の皮膚にあるセラミドと同じ化学構造を持つ事からそのように呼ばれ、肌への浸透と保湿力が抜群です。

ローズエステリッチローションに含まれているセラミド3はヒト型セラミドで、水分を保持しシワを浅くする作用があると言われているんです♪

アルジルリン

塗るボトックス」と言われているほどシワの改善や予防に効果があるといわれている成分です。

塗るボトックスと言われているなんて…とても気になりませんか?

シワが発生する原因となる物質の分泌を抑えてくれる作用と皮膚ストレスを緩和させる作用があると言われています。

本物のボトックス注射のように即効性はありませんが、使い続ける事でじわじわと効いてくるようなイメージの成分です。

アルジルリンは植物由来のペプチドからできています。

本当のボトックス注射をするのは気がひけるけど、植物由来の成分なら試してみたいという方も多いのではないでしょうか^^

ローズエステリッチローションには純度100%のアセチルヘキサペプチドー8を使用されており、化学溶媒やキャリーオーバーは一切ありません
シワに対する有効成分がたくさん配合されていますね!

APPS(アプレシエ)

通常のビタミンCの何倍もの浸透力を持つ次世代型ビタミンC誘導体です。

APPSはイオン導入器がいらないくらい肌に浸透すると言われているほど進化した次世代型ビタミンC誘導体です。

APPSには皮脂をコントロールする働きがあるので、過剰な皮脂の分泌を減らしてニキビの炎症を抑えてくれます

ニキビを予防したい、ニキビが早く消え去ってほしいなどのお悩み肌にはとても有効な成分です。

また皮脂をコントロールする作用がある事から毛穴の引き締めにも効果があると言われています。

ローズエステリッチローションにはペプチドというたんぱく質が一緒に配合されているのでお肌のハリをアップしたり、しみ、しわを抑制するアンチエイジング効果が期待できます。

APPSビタミンC誘導体が入っていると皮脂分泌抑制効果がある事から乾燥が気になるところですが、一緒に配合されているセラミド3で保湿ができるので乾燥は大丈夫ですね。

他にもふんだんに美容成分が配合されていますが、その中でも私が特に注目する成分を取り上げてみました♪

ブルークレールの化粧水の口コミ

ローズエステリッチローション

レビューサイトを覗いてローズエステリッチローションの口コミをチェックしてみました!

まずは良い口コミから(^^)/

使いだしてから顔のくすみが抜けて、肌が強くなってきた気がします。
肌の内側から潤っている事が分かる!しかも気になっていたほうれい線が薄くなってきている気がする
敏感肌の私でも使っていてピリピリすることもなく安心して使用でき、これがオーガニック化粧品の良さなんだと実感しています。特別なケアの時にほうれい線部分にコットンパックすると、最近ほうれい線が薄くなったと感じています
敏感肌なので壊れた肌バリアのケアができる化粧水を探していたのですが、ぴったりの化粧水でした。肌バリアを攻撃する成分が1つも入っていないし、しっかりと保湿もできています。
たっぷり使用すると肌のハリが一段と違ってくるのが分かるので、使い切る頃の肌が楽しみです。

有効成分が豊富に含まれている事から肌の変化を実感している方が多い印象です。

そして逆に良くない口コミも

私には残念ながら合いませんでした。つけても保湿が全く感じられず浸透も悪く、肌の表面で化粧水がはじくようにのっているという感じの水っぽい化粧水だと思いました。

さらっとしたテクスチャーなので私も初めはそう感じていました。

ですがスキンケアの工程を変えてからは化粧水を使うと肌に浸透していくのを実感できるようになりました。

ブルークレール化粧水(ローズエステリッチローション)のおすすめな使い方と使用感は?

2018.05.13

べたっとした感触やとろみのあるテクスチャーがお好きな方には向いていないかもしれません。

まずはトライアルセットでワンアイテムごとに合うか合わないかをチェックすると安心ですね!

ローズエステリッチローションには肌にハリやツヤを取り戻すため、植物の美容成分が豊富に含まれています。

植物が合わない方もいますので不安な方はパッチテストを行う事をおすすめします。

ブルークレールの化粧水を使うメリットとデメリットは?

植物の写真

メリット

  • 肌にハリを取り戻したい。
  • 毛穴を引き締めたい。
  • 脂性肌でニキビをなんとかしたい。
  • ちりめん皺が気になる。

こういった事が気になる方には効果を感じられると思います。

今の自分の肌に必要な目的に合った成分が配合されているかチェックする事も化粧品選びには大切ですね!

(エイジングケアに着目していますが、ブルークレールはどの年代にもおすすめされています。)

デメリット

この事がデメリットになるのかはわかりませんが、ブルークレールは美容液先行型のスキンケアを推奨されています。

美容液を使用してから化粧水を使うと一段と効果が実感できますという事で美容液先行のスキンケア方法をおすすめをされているんですね。

もちろん化粧水単品で使いたいという方にも十分効果はあると思います。

私もローズエステリッチローションを使っていて、美容液とダブルで使うとより一層グッと肌に入っていく感覚を確かに実感できました。

ですがブルークレールとしては美容液先行のスキンケアを推奨されていますが、絶対この方法をおすすめしているわけではありません。

基本は一人一人が気持ちいいと思えるようなお手入れ法でお手入れする事が一番重要と考えているそうです。

スキンケアは1日頑張った自分のお肌を癒す大切な時間ですからね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です