ブルークレールの美容液(リペアモイストWエッセンス)の使い心地と私の評価

美容液

有機ローズの優しい香りが、ほのかに香るリペアモイストWエッセンスは私もスキンケアに取り入れています。

天然植物成分と美容成分がたっぷりと配合されているのでお気に入りのアイテムです。

実際リペアモイストWエッセンスを使っている私が感じた使い心地や効果、おすすめの使い方についてまとめました。

こちらの美容液に興味のある方はチェックしてみてくださいね!

リペアモイストWエッセンス使い心地とお勧めの使い方

リペアモイストWエッセンスは美容液先行型をおすすめされています。

洗顔後、美容液を先につけてから化粧水をつけるというスキンケア方法です。

美容液を手に出した写真

リペアモイストWエッセンスは手に取ってみると無色透明、少しだけとろっとしたテクスチャーです。

洗顔後、リペアモイストWエッセンスを顔全体に塗ります。

美容液を先につけるのでなんだか変な感じですが、美容液を先につけてから化粧水をつけて化粧水でフタをするといったイメージです。

普通は固い質感の化粧品でフタをするので、一般的なスキンケアと逆の使い方になりますね。

美容液に高濃度の美容成分を配合しているので、先に美容成分を肌に浸透させてから美容液が乾く前に、化粧水を重ねるのがポイントです!

肌の上の残る美容液の感触と一緒に、肌に浸透するように化粧水で蓋をするように塗るという感じです。

リペアモイストWエッセンスを顔に伸ばしてみると柔らかい質感なのでスルスルと伸びます。

そして全体になじませてから手で優しく顔全体を包み込む様にパッティングしていると、頬の辺りが特にモチっとした感覚になります。

塗った直後は肌を触るとぺたっとした感触はあるんですが、でも肌になじんで完全に浸透しきった後は、べたっとがなくなりさらりとした手触りになるんです。

初めてリペアモイストWエッセンスを使用した時の感覚として少しとろっとした美容液なので肌に浸透するまでは結構な時間がかかっちゃうんだろうなと思っていました。

ですが、肌につけてもべたべたと残る訳ではなく、馴染んだ後にじわ~っと入っていく感覚がとても心地良いんです。

それから化粧水を塗ると化粧水の入り方が違うんです!

ブルークレールの化粧水ローズエステリッチローションは美容液と一緒に使うとより効果を発揮するのではないかと思います。

ちなみに私は化粧水を先に塗ると、肌の上を化粧水が”滑る”感覚がありました。

それは化粧水ローズエステリッチローションがさらりとしたテクスチャーだからだと思います。

ですが、リペアモイストWエッセンスを塗ってから化粧水をつけるようにしてからは肌を滑る感覚がなくなりました

美容液が化粧水を”掴んでいる”という感じなので化粧水と美容液の両方のアイテムが一緒に肌へ浸透していく感覚が分かります。

ブルークレールは美容液を先に塗る美容液先行型のスキンケアをおすすめされていますが、ブルークレールとしては個人個人の好きな使い方でスキンケアを楽しむ事が1番と考えているとの事なので化粧水が先でも問題はありません。

本当に人それぞれの使い方があるようで、オイルを先につけてからスキンケアをされる方もいたりとその人なりのスキンケア法はいろいろです。

美容液を先につける方法と後につける方法の両方のスキンケア法を試してみて、私としてはやはり美容液先行の順番がしっくりきました。

リペアモイストWエッセンス美容液に含まれているビタミンC誘導体やヒアルロン酸などは、蒸発しやすく渇きやすい性質を持っています。

美容液のあとに化粧水のような水分の多いアイテムでお肌が濡れた状態を持続させることで、より長時間保湿感を感じる事ができます。

ぜひ美容液をつけてから化粧水をつけるという順番をためしてみてください。

肌がもちもちっとするので、おすすめですよ♪

ちなみにリペアモイストWエッセンスはイオン導入器の美容液としても使用できます。

美容液リペアモイストWエッセンスの私の評価

本品とトライアル

私ははじめ、トライアルセットのお試しでの使用でした。

トライアルセットでのお試しはだいたい1週間ほどでなくなるんですが、あまりに使用感が良かったので空になったら軽くショックでした。

トライアルセットで気に入ったので、よし使ってみよう!と本品を使用するようになりました。

リペアモイストWエッセンスを使用するようになってからは特に違いを感じたのは浸透する感覚です。

化粧水をつけてからクリームをつけていた時よりもリペアモイストWエッセンスをつけだしてからは中に入っていく感覚が分かるんです。

私はそんなに敏感なタイプではないんですが、さすがにその感覚は分かりました。

だからリペアモイストWエッセンスが好きなのかもしれないです。

そしてこの美容液をつけて寝ると朝のもっちり感が違うのがまた嬉しい♪

あとは肌のキメが細かくなったように感じます。(自分の中では)

リペアモイストWエッセンスを使い続けると肌理が整ってくるんだと思います。

なので朝のスキンケアにもUVラグジュアリーデイクリームIIを塗る前につけています。(朝は夜より少ない量を薄く延ばす程度。)

美容液→化粧水→クリーム→日焼け止めを塗ってもそんなにべたつかず、もちろんモロモロが出る事もありません。

ブルークレールの化粧品の中ではリペアモイストWエッセンスとローズクリームリペアコンセントレートは抗シワ試験・顔色のトーン差試験が行われています。

その結果2つの化粧品は効果が出ると認められているので、ぜひ長期的にスキンケアに取り入れてみたかったんです。

使い続けると顔のトーンも明るくなったような気がします。

ただ即効性があるわけではなく、オーガニック化粧品なのでゆっくり効いていく感じです。

実際、抗シワ試験・顔色のトーン差試験でも最終の8週目に向かってだんだんとしわやくすみが改善されていくと結果が出ています。

リペアモイストWエッセンスの認められた効果についてはこちら

リペアモイストWエッセンスは効果を認められたオーガニック美容液。成分は?

2018.05.23

ですが、人によっては早い段階で顔のトーンの違いやちりめん皺の解消などの効果を感じられている方もいるみたいですね。

肌の違いに敏感に気づける方には分かりやすいのかもしれません♪

リペアモイストWエッセンスは使っていて効果を実感できる美容液だから使い続けたいと思える化粧品です。

美容液リペアモイストWエッセンスの質感

肌を確認する女性

美容液リペアモイストWエッセンスは少しとろっとしたテクスチャーです。

でも重いとろみではなく、少しだけとろっとしている感じなのでさらっとしているけど潤っているといった感覚です。

リペアモイストWエッセンスはとろみは合成ポリマーでついているのではありません。

少しとろっとしているのはキサンタンガムというブドウ糖等を発酵した微生物由来の天然ガム質の保湿成分によるものです。

ブルークレールの化粧品は全て合成ポリマーを使用していません

合成ポリマーを使用したとろみのある化粧品を今まで使用していた方だったら、もしかすると使用感として物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

合成ポリマーは、お肌に薄いビニールを貼るように美しく見せるもので、キレイになったと錯覚してしまいます。

ツルツルとした手触りで潤っていると感じても、それはビニールのツルツルした感覚です。

使い心地が良くても本当の意味できれいになったわけではありません。

一時的にキレイになったと錯覚するような化粧品だと、実は肌がどんどん早く老化してしまうという事になりかねません。

合成ポリマーは本来はお肌には必要の無いものです。

使い心地だけで美容液を選ばないで、どんな成分が入っていて、どんな成分が使われていないかが重要ですね!

トライアルセットにはリペアモイストWエッセンス10mLが入っています。

リペアモイストWエッセンス(美容液) 10mL

使用量の目安として10~12回分です。

1週間ほどは使える量ですのでぜひ使用感を確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です