紫外線対策!日焼け止め以外に美肌のためにできることは?

紫外線対策

肌の美白とアンチエイジングを求める女性にとって紫外線対策は必須です。

紫外線対策として日々習慣化している事がいずれ肌に現れてくると思えば、コツコツとした努力をしていきたいところですよね!

では美肌にとって大切な紫外線対策で、日焼け止め以外に日々できることって一体どんな事があるんでしょうか?

こういうちょっとした事を習慣化するといいかも♪っていう事をまとめてみました。

ぜひ日焼け止めにプラスしてできる紫外線対策をとり入れていきましょう!

紫外線防止効果をあらわすSPF値。実はSPF値が絶対とは限らない!?

SPF

日焼け止めやUVパウダーを選ぶときに気になるSPF値。

SPF値って高い方が紫外線防止効果が高いような気がしてしまいますが、実際のところSPF値が高ければ高いほど紫外線を防止してくれるのでしょうか?

実はSPF30とSPF50ではさほど紫外線遮断率に違いはないといわれています。

SPF値とは約20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に遅らせる事が出来るかという目安です。

数字で言えばSPF1=約20分として、SPF30なら約10時間紫外線をカットしてくれるという事になります。

でも、もし約10時間も日焼け止めを浴び続けるという実験をしているのであれば、時間が経てば経つほど相当な量の汗をかいてしまうので日焼け止めは落ちているはずです。

ですのでSPF50でも16時間必ず100%遮断するという事ではないという事になります。

日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってくるという事ですね。

もちろん目安とする事は大切ですが、SPF値というのは紫外線を防止するであろう時間を想定した数値であるという事をお忘れなく!!

SPF値が絶対だとは限りませんので日焼け止めだけに頼らず、日焼け止めにプラスして紫外線対策をしていく事が大切です♪

紫外線量が1番多い時期は?

まぶしい太陽

目に見えない紫外線。

その紫外線が1番降り注ぐ時期は一体いつ頃なのでしょうか?

1年のうちで1番紫外線が多い時期はもちろん夏である7月~8月ですが、真皮の奥深くまで届くと言われているUV-Aは3月から9月までずっと多く降り注いでいます

特に5月頃からはなんとすでに真夏と同じような紫外線量が降り注いでいるのです!

という事は年間を通して紫外線には注意が必要という事が分かりますね!

日焼け止め以外にできる紫外線防止対策

陽射しを浴びる

日焼け止めだけに頼るのではなく、日焼け止めにプラスして日常でできる紫外線対策を行っていく事がお肌にとっては大切です!

お肌のために紫外線対策として普段からできることをまとめてみました。

紫外線カット効果の高い日傘をさす

日傘

 

紫外線が強くなりだす春先頃から日傘を差しだす女性が増えてきます。

紫外線をカットするためにも日傘をさす事は大切ですが、生地がスケスケの日傘ではあまり意味がない事は知っていましたか?

せっかく日傘をさすならきちんと紫外線をカットしてくれる日傘を選びましょう!

上からの紫外線だけでなく、太陽光線の照り返しにも注意が必要です。

道路からの照り返しもカットしてくれる効果のある完全遮光日傘が理想です。

完全遮光日傘はさすと下からの照り返しもカットしてくれるので、なんといっても涼しいのです!

そして完全遮光生地で作られた日傘は耐久性も強いため、何年かで交換をする必要がありません

1級遮光日傘は何年かで効果が薄れるので交換が必要といわれています。

ですので始めに少し値段が貼っても良い日傘を使用する事がおすすめです。

一番のおすすめはやっぱり完全遮光生地で作られたサンバリア100の日傘です。

私はミドル丈とショート丈を持っています。

夏が近づくと売りきれになってなかなか手に入らない日傘です。

楽天やAmazonでは売られていませんので公式サイトのみの販売となります。

どうしても欲しい!という場合はメルマガに登録しておくと販売情報がいち早く手に入ります。

ただ時期によってはすぐに売り切れてしまいますが…。

太陽の下を日傘なしで歩くと肌が紫外線に反応してしまう日光アレルギーの方が愛用する本格的な日傘です。

https://twitter.com/hibiscus_rin/status/1008318859663814656

ツバの大きめの帽子をかぶる

ツバの大きい防止

 

紫外線が厳しくなる春先頃からは日傘をさせる状況でない時や、コーディネートに日傘が合わせづらい時にはツバの大き目の帽子をかぶって紫外線を防止しましょう。

ツバがあまりに小さいと顔をカバーできずにきちんと紫外線をカットしてくれないので、ツバが大き目の帽子である事が大切です。

帽子の生地は紫外線を通さないため目の詰まった物がおすすめです♪

UVカット効果の高いパウダーでお直しをする

塗り直し

日焼け止めを塗りなおすタイミングは何時間おきが良いのでしょうか?

日焼け止めは2~3時間おきに塗り直す方が良いと一般的には言われています。

それは、日焼け止めのSPF効果が持続する時間が終わってしまうからではありません。

汗や皮脂、顔に手を当てる、頬杖をつくなどのこすれによって日焼け止めがどうしてもとれてしまうからです。

SPF値の高い日焼け止めを1日の始まりに塗るだけより、SPF値の低い日焼け止めやUVパウダーを何度か塗りなおす方が紫外線を防止する効果が高いといわれています。

長くUV効果が持続する日焼け止めでも汗やこすれなどで、日焼け止めが落ちてしまう事はありますので、やはりお直しを1日の中でせめて1度は行う事が大切です。

でも日焼け止めを塗りなおすといってもクリームタイプの日焼け止めを日中に塗りなおすのはメイクがよれてしまうためほとんど不可能ですよね。

その時お直しに使うのはUVカット効果のあるパウダーかファンデーションを使用しましょう。

日焼け止めで塗り直しできるタイプもありますが、私はやっぱりファンデーションやUVパウダーでお直しをしています。

だいたい5~6時間くらいの間隔で化粧直しをしていますよ♪

日焼け止めが汗などで落ちていてもパウダーを塗りなおせば紫外線をきちんとカットできて安心ですよね!

ブルークレールのUVパウダーも化粧直しにおすすめです。

ローズリッチUVパウダー紫外線、ブルーライト、近赤外線防止効果。成分は?

2018.05.27

色の薄いサングラスをかける

サングラス

紫外線が目に入ると肌を守るために肌にメラニンを出せと指令が出て、焼けやすくなります

お肌のためにも目を紫外線から守る事はとても大切です。

では目を守るためにサングラスをかけるなら、どんなサングラスが良いのでしょうか?

濃い色のサングラスの方が紫外線を強力にカットしてくれるようなイメージがありませんか?

実は濃いサングラスより薄い色サングラスの方が紫外線の影響を受けにくいのです。

私たちの目は明るいところでは瞳孔は小さくなり、光を取り込む量を減らすように調節しています。

その逆で濃い色サングラスをかけていると暗いので、瞳孔が開いた状態になっています。

瞳孔が開いた状態の目にサングラスの横から紫外線が入ると紫外線を吸収しやすくなり、紫外線の害を受けてしまうのです。

ですので、できればサングラスの色は薄めでレンズは大き目のものを選びましょう。

サングラスでもっとも重要なのは、薄い色のサングラスである事と紫外線透過率です。

薄い色のレンズで紫外線を透過させない機能がある事が大切ですよ!

カーディガンやパーカーをはおる

パーカー

何もUV効果のあるカーディガンやパーカーでなくても長袖を着るだけで紫外線対策になるのは知っていますか?

UV効果のある羽織りものなら断然そちらの方が良いのですが、UV効果がなくても肌を覆っていればある程度は紫外線をカットしてくれます。

顔以外の肌もきちんと紫外線から守っていきたいですね♪

紫外線の強い季節は、できれば薄手のカーディガンやパーカーなどの羽織りもので紫外線をカットしましょう!

飲む日焼け止めサプリで対策する

飲む日焼け止めサプリが最近流行っていますよね。

ミランダ・カーをはじめ、たくさんの海外セレブたちが使用していて話題になった事で、日本でも急速に広まりました。

今は体内から日焼け止めができる時代なんですね。

飲む日焼け止めサプリは医学誌にも掲載された事のある日焼け止めサプリ「ホワイトヴェール」がおすすめです。

なんといっても安心のMADE IN JAPANです♪

紫外線が原因による活性酸素の発生を抑制するという働きがあるニュートロックスサンが推奨量摂取することができます。

ニュートロックスサンの他にビタミンB1、B2、B6、ビタミンDが配合されている栄養機能食品です。

ホワイトヴェール

飲む日焼け止めの人気ランキングを成分別でご紹介!

【最強版】飲む日焼け止めおすすめランキング!人気のサプリで紫外線をブロック!

2018.07.04

ですが、飲む日焼け止めを飲んでいるからOK!大丈夫!というわけではありません。

ぜひ平行して他の紫外線対策も行ってくださいね!

体の中から紫外線対策!食べる日焼け止めになる食べ物

食べ物

飲む日焼け止めのサプリのように、紫外線による老化を緩やかにする効果がある食べ物を食べる事は、体の中から紫外線対策をする事になります。

それではどんな食べ物が紫外線対策にいいんでしょうか?

それはカロテノイドという色素を持つ食材を食べることです。

カロテノイド色素を持つ食材
  • トマトのリコピン
  • にんじんのB-カロテン
  • かぼちゃのb-カロテン
  • ほうれん草のルテイン

このような食材を食べる事によって皮膚の上で活性酸素が発生するのを防ぐため、光老化によるしみしわができるのを食い止めます

またプロアントシアジニンという栄養を含む抗酸化力の強い食べ物を食べる事もメラニンの生成を抑えてくれます

プロアントシアジニンという栄養を含む抗酸化力の強い食べ物
  • りんご
  • びわ
  • ぶどう
  • クランベリー

食べ物で紫外線による老化を抑えられるなんて素晴らしい!

紫外線が強くなる時期に意識して食べるといいですね♪

まとめ

加齢による肌の老化はたったの2割

光老化による老化は8割と言われているほど紫外線による害は肌へ大きな影響があります。

紫外線対策で日焼け止め以外にできる事は、

紫外線対策
  • 紫外線カット効果の高い日傘をさす
  • ツバの大きめの帽子をかぶる
  • UVカット効果の高いパウダーでお直しをする
  • 色の薄いサングラスをかける
  • カーディガンやパーカーをはおる
  • 飲む日焼け止めサプリで対策する
  • 食べる日焼け止めになる食べ物を意識して食べる

もちろん日焼け止めでの紫外線カットは紫外線対策の1番の基本です!

ブルークレールのUV下地は光老化対策に最適ですよ♪

ブルークレールUVラグジュアリーデイクリームIIはノンナノの日焼け止め。口コミと評判は?

2018.05.18

コツコツと習慣化していけば未来のお肌に大きな差がつきますよ♪

ぜひお肌のために習慣として取り入れてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です