石けんで落ちるノンケミカルな肌に優しい日焼け止めおすすめ9選!!

日焼け止め9選

紫外線が気になる季節が迫ってくると使い心地のいい日焼け止め探しを始める方も多いのではないでしょうか?

でも肌にのせるならできればノンケミカルで石けんで落ちる日焼け止めを使いたいですよね。

良い日焼け止めを探しているという方にノンケミカルの日焼け止め、しかも石けんで落とす事ができるタイプのおすすめを集めてみました。

ぜひ日焼け止め探しの参考にしてくさいね!

日焼け止めは肌に直接つけるものだから、やっぱり肌に優しいが1番♪

ノンケミカルって何?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは?

ノンケミカルって知ってる?
ノンケミカルって良く聞きますが、そもそもノンケミカルとは一体どういう意味か知っていますか?

ケミカル=化学物質の事を言います。

ですので、ノンケミカル=化学的なものを使用していないという意味になります。

それでは紫外線吸収剤紫外線散乱剤とは一体何なんでしょうか?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤違い参照:紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

紫外線吸収剤紫外線を吸収して熱に変えて放出し紫外線を防止します。

紫外線吸収剤とはケミカルな日焼け止めに入っている紫外線を防止する薬剤の事をいいます。

フェノール系やオキシベンゾンなどの有害な物が含まれている場合があります。

よくある紫外線吸収剤の薬剤
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン-3など

紫外線散乱剤紫外線を乱反射・散乱させることで紫外線の侵入をブロックします。

紫外線散乱剤
酸化亜鉛、酸化チタンなどの天然鉱石

紫外線吸収剤は肌に伸ばしやすく、白浮きしにくいという性質があります。逆に紫外線散乱剤は肌にのばしにくく、白浮きしやすいという性質があります。

  • ケミカル紫外線吸収剤
  • ノンケミカル紫外線散乱剤

と考えると分かりやすいですね!

ナノ粒子の危険性とは?

ナノ粒子の危険性

紫外線散乱剤は塗ると白くなりやすいのが難しいところでしたが、酸化亜鉛、酸化チタンをナノ化する事で肌に白くならずに塗りやすく使い心地の良い日焼け止めにする事が可能です。

ですが、ナノ粒子はあまりにも粒子が細かいために体の中へ吸い込むと発がん性があるのではないかという懸念があり、問題視されています。

できれば体のためにノンナノ、紫外線散乱剤をしっかりとコーティングされている日焼け止めを使用していきましょう。

紫外線散乱剤を使用しているノンケミカルの日焼け止めでノンナノ、粒子をコーティングしている日焼け止めで白浮きしない商品も増えてきています。

おすすめする日焼け止めそれぞれナノ粒子についてはどう対策しているのかも調べました。

ケミカルな日焼け止めは肌が荒れやすい

肌荒れは嫌

紫外線吸収剤の日焼け止めは白くなりにくく、肌にすっと伸びて塗りやすく、中には汗をかいても落ちにくいように作られた商品もあります。

ですが、化学物質で肌に負担がかかる場合が多いと言われています。

ドラックストアなどで手に入るケミカルな日焼け止めで肌が荒れる方が多いのはこのためです。

ですので肌荒れしないためにも紫外線散乱剤で紫外線をカットするノンケミカルな日焼け止めが、刺激が少ないのでおすすめです!

石けんで落ちるノンケミカル日焼け止めおすすめ9選

日焼け止めは紫外線が多くなる時期だけでなく、年間を通して塗るのがやっぱり肌にはベストです!

そして、年間を通して塗るなら肌に刺激と負担の少ないノンケミカル、そして石けんで落ちる日焼け止めがおすすめです。

メイク落としを使う必要がない肌に優しいおすすめの日焼け止めを集めてみました。

ブルークレール 【UVラグジュアリーデイクリームII】 SPF23/PA++

日焼け止め

ブルークレールのUV下地UVラグジュアリーデイクリームIIです。

紫外線を防止するだけでなく、近年肌への害があるとして注意が必要と分かりだしたブルーライト、近赤外線、花粉、PM2.5もカットする効果がある化粧下地にもなる日焼け止めです。

紫外線散乱剤の酸化チタン・酸化亜鉛はナノ粒子より大きいマイクロ粒子を天然由来成分でしっかりとコーティングされています。

日焼け止めとしての効果だけでなく、植物のエキスなどの美容成分もたっぷりと入っています。

光老化の原因となる有害物質をカットしながら、まるで美容液を塗っているかのような付け心地です。

ブルークレールの日焼け止め兼化粧下地はトライアルセットでお試しできます。

ブルークレール日焼け止めは紫外線、ブルーライト、近赤外線カット効果で肌を守る!

2018.05.13

Wellness PEANUTS【ナチュラルUVプロテクトクリーム 】SPF32/PA+++

ナチュラルUVプロテクトクリーム

肌に優しい成分で作られたウォータープルーフタイプのUVクリーム。

Vintage PEANUTSのイラストが入った可愛い日焼け止めは肌に優しい成分で作られているので子供から大人まで幅広く使用できます。

3種類のタイプがあり、香りが異なります。

少し固めの質感なので、顔用としてももちろん利用できますが、首や体用としてもおすすめです。

酸化チタン・酸化亜鉛はナノ化したものにコーティングをする事でかなり大きな粒子になっているので肌への浸透は問題はないという考えです。

無添加工房OKADA 【OKADA UVミルク】SPF20/PA++

岡田UVミルク

お肌にかなり優しい成分で作られていて白浮きもほぼなし、日常使いには優秀な日焼け止め。

女性、子ども、なんと赤ちゃんまで使えるくらいの天然原料だけで作られています。

もちろん敏感肌の方に嬉しい日焼け止めです。

酸化チタン・酸化亜鉛はそこまで小さくはないサイズを使用。

酸化チタンが30nm、酸化亜鉛が25nm。

皮膚を通るナノサイズは3~5nm以下のものだけなので安全という考えです。

HANA 【ウェアルーUV】 SPF30/PA++

HANA UV

紫外線や大気汚染、ブルーライトもカットするという優れ物。

ナノ化原料を使用せず、紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛)は直接お肌に触れないようにナチュラルコーティングされているので安心。

しっとりした乳液状でお肌に合う色を2色から選択できます。

(ピンクベージュ・イエローベージュ)

天然100%、植物成分のオーガニック比率99.7%というこだわりの日焼け止め。

ノンナノ(ナノ化原料不使用)です。

WELINA 【キスフォータウン】 SPF20/PA++

WELINA

ハワイアン海洋深層水由来の水をベースに作られたサーファーが海辺で使用することを想定して作られた日焼け止めです。

比較的シンプルな成分で作られています。

オイルベースなので塗った直後はテカっとしますが少し時間が経つと肌にフィットしてなじみます。

酸化チタンはノンナノで、水酸化アルミと脂肪酸でコーディングされています。

ヴェレダ 【エーデルワイス UVプロテクト】 SPF33/PA++

ヴェレダ

ヴェレダはヨーロッパでは自然療法の医薬品・化粧品製造会社をルーツとする自然医薬品メーカーとしても名高いブランドです。

スイスの会社であるヴェレダが日本人の肌に合わせて開発された天然由来成分100%のノンケミカル日焼け止め

化粧下地や保湿としても使えて赤ちゃんにも使用OKなオーガニック成分で作られています。

こちらもナノ粒子を使用していないので安心です。

ヴェレダはオーガニックコスメでは有名ですが、海外のオーガニックの日焼け止めは油分が多い場合があるので使い心地がどうしても気になるところです。

口コミを見ているとテカテカするという声もちらほらありましたので、高温多湿の日だともしかすると難しい使い心地なのかもしれません。

顔用下地としての使用が難しい場合、首やデコルテ用に使ってみるのもありですね!

トータルヘルスデザイン【オードヴィーブ サンスクリーン】SPF25/PA++

オードヴィーブ サンスクリーン

私も何年か前に使用していた事がある日焼け止めです。

ブルークレールのUVラグジュアリーデイクリームIを使用するようになってからこちらは今は使っていませんが、かなり成分は良好で美容成分も多く配合していて化粧下地としても優秀です。

ノンナノ、酸化チタン・酸化亜鉛はシリカや保湿成分のステアリン酸でコーティングされています。

アムリターラ 【オールライトサンスクリーンクリーム】 SPF18/PA+

オールライトサンスクリーンクリーム

こちらも成分に拘って開発された日焼け止めなのですが、その拘りがすごすぎる日焼け止めです。

紫外線を防止するための散乱剤に、なんと酸化チタン、酸化亜鉛も使用していないんです!

では何で紫外線を防止するのかというと美容天然ミネラル「酸化セリウム」でカットしているという画期的な日焼け止めです。

100nm以下のナノ粒子は不使用

紫外線散乱剤の酸化セリウムをアルギン酸、キサンタンガムなどの天然成分でナチュラルコーティングしています。

酸化セリウムの力で、紫外線はもちろんブルーライトもブロックするという、とことんまでこだわり抜かれた次世代型のサンスクリーンです。

ネオナチュラル【 UVホワイトプロ】SPF24/PA++

ネオナチュラル

ネオナチュラル UVホワイトプロはかなり成分が良好です。

白浮きせず、伸びがいいと評価の高い日焼け止め。

ナノ粒子については、15~20nm程の粒子の酸化チタン、酸化Alなどの紫外線反射剤を使用しています。

小さい粒子でも多くの粒子が集まって100nmを超える大きになっているので肌の内部にまで浸透する事はないという考えです。

まとめ

肌に優しいのを喜ぶ女性

化粧品の成分を見るとかちょっと苦手で分からないという方も多いと思います。

そういった方は石けんで落ちるノンケミカルノンナノの日焼け止めで探してみるとお肌に優しい日焼け止めに出会える可能性が高いですよ♪

何より日焼け止めは成分と効果、使いやすさの3つが揃っている事がポイントです。

お試しできるのであれば本品を購入する前に肌に合うか確認するといいですね!

ブルーライトをカットする肌に優しい日焼け止めとUVパウダーのおすすめはこちらのページへ♪

紫外線+ブルーライトカット!優しい日焼け止め&UVパウダーおすすめ10選!

2018.07.29

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です