消し去りたいシミ対策!ブルークレールの美容液でシミにアタック!

シミグッバイ

鏡をよく見るとわかるシミは肌の年齢が上がって見えるやっかいな存在です。

過去に浴びてしまった陽射しの影響で出てきた消し去りたいシミに悩む女性も多いですよね。

ではできてしまったシミはどのように対策をしたらいいのでしょうか?

できてしまったシミの改善におすすめしたいのが、オーガニックコスメブルークレールの美容液リペアモイストWエッセンスです。

ブルークレールの美容液がなぜシミに効果的なのか、またシミの原因と対策方法についてまとめてみました。

シミはなぜできるの?

シミの原因

ではそもそもなぜシミはできるのでしょうか?

肌は日焼けをすると黒くなります。

それは肌のDNAを守るためにメラニン色素を生成するからです。

ですが肌を守るための仕組みなのでメラニンが悪いわけではなく、日焼けをしてしまっても正常な肌であればターンオーバーがきちんとできているので古い角質はアカとなって剥がれ落ちていきます。

そして元の白い肌へと戻るというのが肌のメカニズムです。

ですがあまりにも極端に日焼けをしたり、常に無防備に日に当たっていると肌の新陳代謝が衰えてしまいます

そうなるとなかなかメラニンを排出できず蓄積されてしまい、部分的にシミとなってしまうのです。

紫外線以外にもシミができることがある

糖化

紫外線を浴びすぎると紫外線ができるのはもちろんなんですが、紫外線以外でもシミができやすくなる事があります。

糖化」という言葉を最近よく耳にしませんか?

糖化とは白砂糖を食べる事により肌がたるんだり、しみができてしまったりすることです。

その糖化の一種としてシミができやすくなるという事があります。

白砂糖の含まれているお菓子などを食べすぎると肌に良くないんです!
糖化→白砂糖などの急激に血糖値が上がる食べ物を食べると細胞のたんぱく質と糖分子が結びついて、活性酸素が増え肌の老化を早めるといわれています。

また添加物の多い食事をしていたり、強いストレスでコルチゾールなどのホルモンが増えるとメラノサイトを刺激して肌の色が黒くなったり、シミができやすくなったりします

最近リンパマッサージでローラーを使用している人も多いと思います。

ローラーでのマッサージは強くしすぎるとは肌を摩擦している事になります。

摩擦は肌への刺激となりメラニンを生成してしまうので、その部分がシミとなりやすくなってしまいます。

ローラーでのリンパマッサージは優しく1週間に1~2度くらいがちょうどです。

シミにも種類がある

シミの種類?

実は紫外線によるシミ以外にもシミの種類はいろいろとあるのを知っていましたか?

紫外線以外のシミの種類
  • 老人性のシミ
  • 肝斑
  • 妊娠性のシミ
  • 炎症性色素沈着
  • 卵巣や肝臓の機能の低下
中年以降の女性にシミが増える理由は卵巣や肝臓の機能の低下によるものだといわれています。

できてしまったシミをなんとかしたい!

シミに悩む女性ではできてしまったシミは一体どうしたら薄くすることができるのでしょうか?

実はシミは真皮まで到達していなければ新陳代謝で必ず薄くなり消えていくものです。

では薄くならずにずっと皮膚にとどまって残るシミはなぜ消えないのでしょうか?

それはターンオーバーの停滞です。

肌のターンオーバー

ターンオーバーの停滞の理由として考えられるのは、

ターンオーバーの停滞の理由
  • 睡眠不足
  • 疲れ
  • 強いストレス

などが原因となって停滞してしまいます。

そういった事でどうしてもシミができやすくなってしまうんですね。

紫外線を浴びすぎてしまうと、通常ターンオーバーで剥がれ落ちていくはずのメラニンが停滞して剥がれ落ちる前に色素沈着をおこしてシミとなってしまいます。

肌のターンオーバーは通常28日ですが、肌のターンオーバーが乱れてくると40日なんて日数がかかる場合もあるのです!

肌のターンオーバーの停滞を改善するにはターンオーバーをきちんと促してくれる化粧品をスキンケアに取り入れてみる事も有効です。

それではどんな化粧品を取り入れると良いのでしょうか?

α-アルブチンやビタミンC誘導体入りブルークレールの美容液

美容液本品の画像
シミをなんとかするためにピーリングをするという積極的な方法もありますが、できれば肌への負担が少ないスキンケアでのケアがおすすめ。

できてしまったシミに効果があると言われているのはビタミンC誘導体αーアルブチンが配合された化粧品です。

ビタミンC誘導体が入っている化粧品を使用すると肌のターンオーバーを促してくれるので積極的に使っていくと効果的です。

ターンオーバーを促す事によってシミを薄くしていく事に有効ですが、美白やニキビ痕にも高い効果が期待できます。

通常のビタミンCの何倍もの浸透力を持つ次世代型ビタミンC誘導体が配合されたブルークレールの化粧水。

ブルークレール化粧水(ローズエステリッチローション)の気になる成分と期待できる効果は?

2018.05.06

また、ブルークレールの美容液はαーアルブチンというハイドロキノンの糖誘導体で日やけによるシミを防ぐサポート成分が入った美容液です。

αーアルブチンはお肌にシミをつくる原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。

皮膚科のシミケアに用いられるハイドロキノンは強力な成分で肌への刺激も強くなりがちですが、αーアルブチンは植物由来なので肌に優しく働きかけますよ♪

またブルークレールの化粧水と同じで次世代型ビタミンC誘導体が配合されているのでシミを薄くしたいお肌に効果的です。

肌に透明感を与えるアイテムです。

リペアモイストWエッセンスは効果を認められたオーガニック美容液。成分は?

2018.05.23

ブルークレールのトライアルセットには化粧水、美容液が1週間分お試しできます。

美白のためのサプリメントでシミは消える?

サプリきく?

美白のためのサプリメントはありますが、実際のところどうなのでしょうか?

L-システインがシミに有効という事で摂取している人も多いと思います。

美白に効果的なL-システイン
  • 肌のターンオーバーを促進し、古くなったメラニンを垢として排出する効果
  • 色素沈着、シミ、そばかすを作るメラニン色素の生成を抑制する効果

しかし、L-システイン単独での過剰摂取には注意が必要です!

L-システインのサプリメントはとりすぎてしまうと白髪ができてしまう事もあるのです!

私の知り合いでシミを気にして美容皮膚科で処方されたサプリをせっせと飲んでいたら白髪が増えたという人がいます。

そのサプリをとるのをやめてみたら?とアドバイスをしたら何ヶ月かすると白髪の増加が減った!と喜んでいました。

シミがなくなっても白髪が増えてしまったら若返っているのか老けてしまっているのかよく分かりませんよね。

肌を美白するL-システインはメラニンの生成を抑えて肌を白くする成分です。

ですが、これは肌だからメラニンを無色化してOK!でこっちは髪の毛だからメラニンを無色化しては駄目!とサプリでとったL-システインが判断できません。

ですのでL-システインをサプリでとる時は、一緒にビオチンも摂取する事が大切です。

そうすると髪の毛が白髪になるのを予防してくれます。

あくまで過剰摂取をした場合の副作用として懸念されている事ですのでL-システインの成分自体に問題ありません。

L-システインにはビオチンを一緒にとることを忘れずに!

キミエホワイト

日本製が安心という方にはキミエホワイト。

こちらはL-システインが配合された医薬品としても効果の高いサプリメントです。

こちらはL-システインが含まれていない美白サプリメントです。

美白サプリメント
40代
シミのもとがたくさんあって悩んでいたけど、あまり気にならなくなってきました。
20代
資生堂の肌診断に行って測定してもらったところ、透明度要因が98で驚きました!

などの口コミもあり、顔だけでなく全身の美白が期待できるサプリメント。

また太陽を浴びるとビタミンCを大量に消費します。

紫外線を浴びてしまった夜はビタミンCをきちんととる事が大切です。

ビタミンCが不足している肌は通常より老化がなんと4倍も早いと言われています!

日頃から意識して摂取していきたい栄養素ですね。

次世代型ビタミンCといわれるエスターC。

こちらは私も飲んでいるのですが、飲んでも胃が痛くなりません

ストレスなどでも消費されるビタミンCは水溶性のため、こまめに摂取する事が大切です。

こちらは通常のサプリメントと違ってゆっくりと溶けるタイムリリース型なのでおすすめです。

 ハイドロキノン配合化粧品でセルフケア?

ハイドロキノン
では真皮まで到達してしまった消せないシミはどうしたらいいのでしょうか?

美容外科へ行く前にハイドロキノンを使用したセルフケアを試してみるという方法があります。

こちらのセットに含まれているクリームは「ハイドロキノン」配合です。

浸透テクノロジーによってトラブルの根元まで直接届け、スピーディーに働きかけます。

使うごとに澄みきったような肌に期待ができる今ある悩みに働きかけるクリームです。

やっぱり美容外科での治療?

シミ対策

最後の最後で化粧品やサプリメントではどうにも対処できない場合は皮膚科で相談をするというのも一つの方法です。

セルフケアでどうにもならない、どうしても気になる場合はやはりプロに頼るという手段になるかもしれません。

治療はさまざまでピーリングやイオン導入レーザー治療などがあります。

レーザー治療はすぐに通常の肌に戻るわけではありませんので、受ける時はダウンタイムがある事を考慮してくださいね。

ダウンタイム→治療や施術の後痛みや腫れなどが落ち着くまでの回復期間
ダウンタイムは個人差があります。

UVケアでシミを徹底的に予防しよう!

シミの予防

今までのシミに対しての対策も大切ですが、これからシミを作らない事もとても大切です。

シミは突然肌に出てくるわけではありません。

何年も蓄積され続け、ゆっくりと肌の表面に出てきてしまいます

気づかないうちにシミがある!と思うかもしれませんが、今気づいただけでずっと肌に蓄積されていたのですね。

そのためにも日々の徹底したUVケアはがやっぱり大切となってきます。

ブルークレールのUV下地とパウダーは紫外線、ブルーライト、近赤外線など肌の敵となる原因をブロックする高機能な日焼け止めです。

ローズリッチUVパウダー紫外線、ブルーライト、近赤外線防止効果。成分は?

2018.05.27

ブルークレール日焼け止めは紫外線、ブルーライト、近赤外線カット効果で肌を守る!

2018.05.13

日焼け止め以外にも紫外線対策をしていけば、将来のお肌が変わりますよ♪

紫外線対策!日焼け止め以外に美肌のためにできることは?

2018.06.21

日焼け止めの塗り方

日焼け止め塗り方

日を多く浴びると一番日焼けをしやすい部分はどこでしょうか?

それは高い位置である頬です。

頬が一番日焼けをしやすいので、急いでいても頬には日焼け止めかUVパウダーを塗りましょう

顔の中で日焼けしやすい順番
  1. 鼻の頭
  2. 目じりと頬骨の外側
日焼けをしやすいという事は頬にはシミができやすいという事になります。

シミの7割は頬にできるといわれています。

陽射しをたくさん浴びてしまった日にとっておくとよい食物

トマトのリコピン

今日は太陽の日をたくさん浴びてしまったと思う日はサプリメント以外でどうしたらいいでしょうか?

活性酸素を無害化できる食材を食べるとシミができる前に食い止められます

スイカやほうれん草、かぼちゃ、トマトなどのカロチノイドが多い食材がおすすめです。

たくさん紫外線を浴びてしまった日のケアは?

紫外線を浴びる女性
  • 肌をクールダウンさせる

陽射しをたくさん浴びてしまった日は軽いやけどをしたような状態なので肌が乾燥しているのが触ってみてもよく分かります。

赤く炎症しているのならまず肌を冷やしてあげましょう。

冷蔵庫で冷やしたタオルを顔に乗せて冷やしたり、冷やした化粧水を使ったりして肌をクールダウンさせて熱を冷ませてください

紫外線を浴びると肌の中にヒスタミンという神経伝達物質が放出されてメラニンがどんどんと作られてしまいます

肌を冷却すると、ヒスタミンの放出を抑制できるのでシミができにくくなりますよ♪
  • 保湿する

その後通常のスキンケアにプラスして徹底的に保湿をする事が大切です。

日焼けをした日は肌がカラカラの状態なので、特に化粧水で念入りに肌に水分を入れ込んでくださいね。

油分でフタをする事も忘れずに。

顔だけでなく体も同じように保湿クリームできちんと保湿をして肌の砂漠化を防いであげてください。

まとめ

笑顔女性

できてしまったシミ対策は

  • シミのケア成分であるα-アルブチンやビタミンC誘導体入りの化粧品をとりいれる
  • 美白のためのサプリメントを摂取する
  • 美白のための食材を食べる
  • どうしようもないシミは皮膚科での治療

という事がポイントでした。

できてしまったシミをなんとかしたい女性は本当に多いですよね。

周りが気にしていなくても自分ではどうしても気になるもの。

できる限りの自分でできるシミ対策をして自信を持てるお肌を取り戻していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です