オーガニックブルークレールで美白できる?目指すは肌本来の透明感を引き出す事

透明感を出す

白い肌の女性って同じ女性から見てもいいなーとどこか憧れる要素がありますよね。

昔から「色の白いは七難隠す」っていうことわざがあるくらい、肌の白さって貴重ですし、とてもうらやましい事です。

私も以前は色白の人に憧れて、肌白くなりたい!と切実に思っていた事があります。

でも、そもそも肌を美白するためにはどういったケアをすればいいのでしょうか?またオーガニック化粧品ブルークレールで美白はできるのでしょうか?

美白ケア方法、またブルークレールの化粧品の中で肌に透明感を与えるアイテムはどれなのかをまとめました。

肌を白くしたい方は要チェックですよ!

なぜ女性は美白したいのか?

美白したいのはなぜ?
日本人女性は特に美白への憧れや関心が高いともいえますが、そもそもなぜ女性は美白したいんでしょうか?

「色の白いは七難隠す」ということわざとは他に何か欠点があっても、肌が白いとそれをカバーできるよといった意味あいですが、逆にいえば肌が白いと美しく見えて得だよっていう事になります。

確かに色白の女性はイメージ的に、はかなげで清潔感を感じますよね。

いきすぎた美白ケアでの真っ白な肌ではなく、元の肌を活かした透明感のある肌になりたいと考える女性も多いはず。

やっぱり色白は女性にとっては永遠の憧れなのかもしれません。

それではこれから肌を白くしていきたい!と考えた場合、どんな化粧品でどんなケアをしていけばいいのでしょうか?

美白してくれそうなイメージだけで選ばない

イメージで選んでる

美白化粧品を選ぶ時、どんな事を基準に選んでいますか?

なんとなくパッケージが白っぽいイメージだったり、「ホワイト」という名前がつく商品名なら美白してくれるんじゃない?と思ってしまいませんか?

残念ながら美白してくれそうな雰囲気のパッケージだからといって、美白をしてくれるとは限りません。

美白化粧品とは美白してくれそうなイメージではなく、本当に美白してくれる成分が入っている化粧品を選ぶ事が大切です。

商品の放つ雰囲気だけで選ぶのはとってももったいないことなんです!

美白に効く成分って?

美白に効く成分?

では美白をしたい!と考えた時どんな商品を選べばいいんでしょうか?

それは厚生労働省が認可した「医薬部外品」の美白成分が有効といわれています。

ですので、それ以外の成分が入っていても美白に有効とはまだ認められていません。

せっかく美白化粧品を使うなら認められている成分が入っている方がちゃんと効果を感じられそうですよね!

それではどんな成分が美白に有効なのでしょうか?

厚生労働省で認可されている美白成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • エラグ酸
  • トラネキサム酸
  • ルシノール
  • ブラセンタエキス
  • コウジ酸

他にもまだいくつかありますが、こういった成分が入っている美白化粧品を選ぶ事が大切なんですね。

ですが、これらの美白に有効な成分が入っている化粧品を使ってみたい!と思っても全ての人の肌に合うとは限りません。

美白化粧品は自分の肌に合うかをパッチテストなどで試しながら使っていきましょう!

オーガニックコスメは美白とは謳えない理由がある

透明感

厚生労働省が美白に有効と認めているのは有効成分が入った医薬部外品の化粧品です。

オーガニックコスメブルークレールは医薬部外品ではありません

そのためオーガニック化粧品のブルークレールは有効成分が入っていても、「美白する化粧品です!」と謳うことができません。

オーガニック化粧品の場合「美白」ではなく「ブライトニング」や「くすみの改善」「透明感を出す」という表現を使っています。

いくら美白効果が高くても法規制によりホワイトニングという言葉は使えず、やむを得ず「ブライトニング」という曖昧な言葉を出てきたというわけです。

ちょっとややこしいですね!
薬事法で定められた美白有効成分が規定量配合された”医薬部外品”でしか明示できない事になっています。

オーガニックコスメで美白はできるの?

透明感出るよ

美白を謳った化粧品は世の中にはたくさんありますが、そういった美白化粧品と肌の透明感を与えるオーガニック化粧品では肌へのアプローチが違います。

  • 一般的な美白化粧品は肌のメラニンの生成を抑えて、肌を美白へと導く即効性がある
  • オーガニック化粧品は肌本来の力を取り戻し、メラニンを排出させて肌の透明感を取り戻す少し時間がかかる

オーガニック化粧品の場合は即効性はありませんが、肌に負担がかかることもないのです。

オーガニック化粧品が本当に目指すのは肌本来の透明感をひきだすこと!です。

ですのでオーガニック化粧品で肌に透明感を与えることはできるという事になります。

肌に透明感を与えるブルークレールのアイテムはこれ!

ではブルークレールで透明感を与える有効な成分が入っているのはどの化粧品でしょうか?

透明感を与えるおすすめのアイテムはブルークレールの中で3つです。

ブルークレールのおすすめアイテムは?

透明感を与える美容液(リペアモイストWエッセンス)

美容液

ビタミンC誘導体アルブチンブラセンタエキスが入っている美容液。

3つの成分は透明感を与える成分です。

ブルークレールの美容液についての口コミがこちら(ブルークレールサイトより)

30代
リペアモイストwエッセンス美容液を使用し始めて数日、会社の昼休みに化粧室で鏡を覗いたら自分の白さにびっくりしました!いつの間にか肌が白くなっていました。毛穴も引き締まりキメが整ってきてる事も嬉しいです。面倒なスキンケアが今では楽しい時間となりました。
40代
こちらの美容液はたるみへの効果が期待出来ること以外に美白・保湿へ効果がある成分も豊富に配合されています。これからのお肌の変化を楽しみにしながら使っていきます。

ローズリペアコンセントレート(保湿クリーム)

コンセントレート

ビタミンC誘導体ブラセンタエキスが含まれているエイジングケアクリーム。

肌に透明感が出ると認められているブルークレールの美容液と同じ試験結果が出ているアイテムです。

私はこの2つの化粧品を使用後、早い段階で肌の透明感を感じる事ができました♪

ローズヒップトリートメントオイル(フェイシャルオイル)

ローズヒップトリートメントオイル

ブルークレールのフェイシャルオイルにはビタミンC誘導体が入っています。

ビタミンC誘導体も美白に有効な成分と認められています。

またビタミンC誘導体は肌のターンオーバーを促す効果もあります。(1週間に1~2度のスペシャルケアにおすすめ!)

ブルークレールはトライアルセットでお試しできます。

美白=透明感を出す化粧品は顔全体に1年中使おう!

顔全体に毎日ね

しみやそばかすが気になるからその部分にだけ効き目のある化粧品を塗っておけばいいか!と部分使いをしていませんか?

また日焼けしやすい夏だけ塗っておこう!と期間限定で効果のある化粧品を塗っていませんか?

効き目のある化粧品は顔全体に1年中使用することが大切です。

そしてダメージを受けている時だけの集中的なケアでなく、毎日の持続できるケアをしていく事が実は何より重要です。

部分的な使い方や期間限定での使い方だと効果を感じる事ができにくくなってしまうんです…

肌に透明感が欲しいならターンオーバーが重要

ターンオーバー正常

美白化粧品を使っているのになんだか思ったように変わっていない…?という場合は、もしかしたら肌のターンオーバーが正常になっていない事が原因かもしれません。

ターンオーバー(新陳代謝)が正常にできていないと肌の古い角質がとどまってしまい、メラニンが上手に排出されません

美白ケアをするなら美白化粧品を使うと同時にターンオーバーを促すケアを行うことが大切です。

ターンオーバーは年齢を重ねるほどどうしても遅れてしまいがちです。

一般的に理想の肌のターンオーバーは28日周期という風に言われていますが、実はその周期は20代のお肌の事なのです。

年齢 ターンオーバー
10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
という風にだんだんと周期が乱れてきてしまいます…。なんとか少しでも正常周期に戻していきたいところですよね…。

ターンオーバーを整えるには?

ターンオーバーがうまくできていないと肌に角質がとどまる角質肥厚になってしまい、余計に美白からは遠のいてしまいます。

ではターンオーバーを整えるためにはどういったケアを行っていけばいいのでしょうか?

ターンオーバーを促すには2週間に1回はピーリングなどで古い角質を取り除いてから、水分と脂分をきちんと補給してく事が大切です。

30代を過ぎたならターンオーバーを促すケアを美白ケアと一緒にとりいれていきましょう!

ピーリングには肌に優しいこちらがおすすめです。

肌に優しいうふ肌

美白に効果的な栄養素は?

美白には体の外側からのケアだけでなく、内側からのケアを同時に行っていく事も大切ですよね。

美白するとなるとサプリメントをとる事に注目しがちですが、やっぱり一番は毎日の食事です。

それではどういった食べ物が美白に良いのでしょうか?

1.ビタミンC

ビタミン

水に流れやすいビタミンCは、1日のうちでこまめにとっていくと効果的です。

メラニンの生成を抑制する働きもあるため、本格的な美白を目指すなら積極的にとっていきたいですね。

ビタミンCを含む食材は赤ピーマン、キュウイ、ゴーヤ、オレンジ、レモンなど。

2.ビタミンB2

ビタミンb2

ビタミンB2には肌の代謝を高めて新陳代謝を正常にしてくれる作用があります。

代謝が活発になるとメラニンの排出を上手に行えます。

ビタミンB2を含む食材は、豚、鮭、牛、鶏、焼きのり、チーズなど

3.リコピン

トマト

リコピンには抗酸化作用が高いため、活性酸素を除去してメラニンの生成を抑制する効果があるといわれています。

リコピンを含む食材は、トマト、スイカ、柿、ピンクグレープフルーツ、ローズヒップなど

4.エラグ酸

いちご

肌の外側からの美白ケアにエラグ酸は有効ですが、食べ物としてとる事も美白にはおすすめです。

エラグ酸はメラニンを抑制し、美白効果が高いと言われています。

エラグ酸を含む食材は、ザクロ・いちご・ブルーベリー・ラズベリー・アサイーなど

もちろん年間を通しての紫外線対策が大切

紫外線対策

美白を意識する方はもちろん、年間を通して紫外線を防止していく事が大切です。

紫外線を防ぐ理由は単純に日に焼けて肌が黒くなる事を防ぐ意味と肌を光老化させる事を防ぐという2つの意味があります。

紫外線対策には日焼け止めやファンデーションによるケアも大切ですが、日焼け止め以外にできる日頃のコツコツとしたケアも重要です!

紫外線対策!日焼け止め以外に美肌のためにできることは?

2018.06.21

日焼け止めとファンデーションはこちら

ブルークレールUVラグジュアリーデイクリームIIはノンナノの日焼け止め。口コミと評判は?

2018.05.18

ファンデーション(ローズリッチUVパウダー)の口コミと私のレビュー

2018.05.27

まとめ

美白という表現ではありませんが、オーガニック化粧品で肌に透明感を与える事はできるんです!

そして、美白に重要なのは

美白ケア
  • 美白に有効と言われている成分の入った化粧品を選ぶこと
  • 美白に良い食べ物を食べること
  • 紫外線対策を日焼け止め以外でも行うこと

以上が美白ケアのまとめでした。

2ヶ月~3ヶ月はかかるものと中長期的にとらえてケアを取り入れていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です