ブルークレールはアトピー肌(敏感肌)やアレルギー持ちでも使えるってホント?

潤う肌

アトピー肌やアレルギーが原因で肌が敏感になっているお肌だと使うスキンケアでの化粧品選びが大変ですよね。

でもお肌に合う化粧品が見つからないからといって何もつけないのはかえって肌によくありません

ではそういった敏感なお肌の方にブルークレールの化粧品は問題ないのでしょうか?

またブルークレール化粧品の中で敏感肌の方におすすめできるアイテムはどれなんでしょうか?

実際にアトピー肌や敏感肌の方がブルークレール化粧品を使用する事でお肌にどのような変化があったのかなどについても調べてみました。

アトピー肌とは?

アトピー肌

そもそもアトピー肌とはどんなお肌なんでしょうか?

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、生まれ持った皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

大人になってからアレルギーがきっかけとなりアトピー性皮膚炎を発症してしまう事もあります。

そういった敏感肌はバリア機能が弱くなっているといいます。

皮膚の炎症が続くとかゆみがおき、肌を引っかいてしまうことにより炎症が悪化し、バリア機能もさらに弱まってしまいます。

そのため、外からの刺激を受けやすいお肌が弱った状態になります。

こういった悪循環を断ち切るためにはまず炎症を抑え、肌に足りない潤いを補う事が大切です。

アトピー肌に必要なのは圧倒的に保湿力

潤いが大切

アトピーのお肌足りていないのは圧倒的に保湿する力です。

肌が持っている保湿する力が足りていないので乾燥しているため、できるだけスキンケアで補ってあげる事が大切です。

症状が良くない時だけでなく、症状が軽い時にも肌に優しいスキンケアを行っていきましょう!

では保湿といってもどういうスキンケアをしていけばいいのでしょうか?

保湿のきめてはセラミド配合化粧品

決め手はセラミド

アトピー肌や敏感肌の方に足りていないのは保湿成分のセラミドです。

元々肌にある成分であるセラミドがアトピー肌や敏感肌の方には足りていないため潤いが足りていないと言われています。

肌に足りないセラミドを届ける事によって肌のバリア機能が弱まっているのを食い止める事ができます。

セラミドと一言でいってもセラミドには疑似セラミドヒト型セラミドがあります。

疑似セラミドでは潤いを保湿するには物足りません。

ぜひヒト型セラミドが入った化粧品をスキンケアに取り入れてみましょう

ブルークレールの中でアトピーの肌におすすめの化粧品は?

おすすめ

ブルークレールの化粧品はアトピー肌、敏感肌の方に実はほとんどの商品が肌に優しい内容なのでおすすめです。

アトピー肌や敏感肌の方がブルークレール化粧品を使用してどのように変化したのかを悩んでいた方の口コミとともにご紹介します!

ローズリッチエステローション(化粧水)

2種類のセラミドが配合されていて、使い心地はサラッとしているのにしっかり保湿をしてくれる化粧水です。

ブルークレール化粧水(ローズエステリッチローション)の気になる成分と期待できる効果は?

2018.05.06
30代

肌が乾燥でカサカサ、肌がアトピーでゴワゴワしていて、何か良い化粧品がないかと探しているときにブルークレールに出会いました。

使いだしてもうすぐ3年となります。美容液と化粧水を使っていますが使い始めてから肌の乾燥も良くなり、気になっていた小じわも目立たなくなってきて前より肌にハリがでてきたように感じます。

何よりアトピーのステロイドを使う回数が減ったことが嬉しいです。

化粧水にはビタミンC誘導体が配合されています。アトピー肌の方にとっては刺激が強い可能性がありますので、お試しでパッチテストをする事をおすすめします。

リペアモイストWエッセンス(美容液)

アトピー肌や敏感肌の方もエイジングケアができる美容液です。

こちらの美容液はヒト型セラミドが配合されているのでしっかりとお肌を保湿して守ってくれます。

ブルークレールのリペアモイストWエッセンス(美容液)の気になる口コミと評判は?

2018.05.25
40代

私は酷いアトピーで入院していた時期もあるほどの状態でした。

ある程度落ち着いてきた時にブルークレールのこちらの美容液に出会い、私にとって今では手放せない存在になりました。

アトピーがあるとなかなか肌に合うものが見つからずに困る事もあったので、本当に私にとって運命の出会いという感じです。

ローズリバイタルエッセンスクリームS(美容保湿クリーム)

アトピー肌や敏感肌の方に人気のクリームです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどもともと肌にある成分が入っているので肌になじみやすく、ベタベタしないのにちゃんと保湿をしてくれるので敏感肌の方に特に指示されています。

乳液に近いテクスチャーで4種類のセラミドが(セラミド1 ・セラミド2 ・セラミド3 ・セラミド6II)入っています。

ブルークレールのローズリバイタルエッセンスクリームSの口コミと評判は?

2018.06.09
20代

ブルークレールさんの化粧品を使うようになり、ほとんど肌に刺激がなく次の日のカサカサに乾燥していた肌が少し潤っていました。

悩んでいたので本当に感動しました。このまま使い続ければ念願だったメイクもきれいにできるようになると思って、少し希望が見えました。

まずは使い心地がよかった化粧水と美容保湿クリームから使っています。

ローズヒップトリートメントオイル(フェイシャルオイル)

スペシャルケアに最高のローズヒップトリートメントオイルの口コミは?

2018.06.13

天然植物オイルに加えて保湿成分セラミドが配合されているのでスペシャルケアに適したオイルです。

30代

小さい頃はアトピー肌で、大人になるにつれて少しづつ改善はしていました。

ですが乾燥がひどかったので、これからのことも考えて敏感肌でもエイジングケアできる化粧品を探し求めた結果、ブルークレールに出会いました。

スペシャルケア用のオイルや美容液などを愛用していますが、今では肌が安定してきて、ツヤと透明感も戻ってきました。

これからもずっとブルークレールを愛用する予定です。

ティートリーモイストソープ(化粧石けん)

肌が弱った状態の時に、洗顔をする時は洗浄力の強いものはなるべく避けた方がいいですよね。

ブルークレールの化粧石けんはちゃんと汚れを落としてくれるのに高い保湿力があると評判の石けんです。

洗い流す石けんだからこそ、洗い流す時に乾燥するお肌を守るという事に力を入れています。

保湿成分セラミドが入っています。

ブルークレール化粧石けんは乾燥しない?口コミを調べてみた!

2018.06.06
40代
ラインで揃えたいのですが、予算の関係で美容液・フェイシャルオイル・クレンジングオイル・石鹸を愛用しています。

肌が全然ヒリヒリせず、浸透していく感じが分かります。アトピーでくすんでしまった肌が少し明るくなったのが本当にうれしいです。

UVラグジュアリーデイクリームII(日焼け止めクリーム)

アトピー肌や敏感肌だからこそ紫外線からの刺激から肌を守る事は大切ですよね。

ブルークレールの日焼け止めは紫外線以外の有害物質からも肌を守ってくれます。

紫外線対策をちゃんとしてくれるのにセラミドが入ってるので、保湿もきちんとしてくれるためアトピー肌や敏感肌の方にもおすすめです。

ブルークレール日焼け止めは紫外線、ブルーライト、近赤外線カット効果で肌を守る!

2018.05.13
30代

アトピーになってしまってから、日焼け止めをつけると肌がカサカサなったり、かぶれたりするのが恐くて、つける事ができていませんでした。

でもこちらの日焼け止めは塗ると乾燥するどころか、むしろしっとりとうるおしてくれます。

40代
アトピー体質で乾燥肌です。

最近スキンケアをシンプルにしていこうとしているので、日焼け止めさえもつけたくないのですが、この日焼け止めだけはつけると決めています。

日焼け止めだけど日焼け止めと忘れるほど、しっとりする香りの良い保湿クリームといった感じ。しかし、陽射しの強い海外でも焼けませんでした。

保湿クリームという感覚になっていましたが日焼け止めとしての効果を思い知りました。

新製品が出てきても、被膜感を感じる使用感やずっと鼻に残る香料に体が慣れることができず、やはりこれに戻ってきます。ずっと愛用していきます。

ここまでがセラミド配合されたおすすめアイテムでした。

ブルークレールにはセラミドが配合されていなくてもアトピー肌、敏感肌の方におすすめのアイテムが揃っています

ローズ クレンジング&マッサージオイル

天然植物オイルだけで作られたオイルです。

こちらのオイルは天然植物オイルなので毎日使っても肌に負担をかける事はありません。

クレンジングとしてだけでなくマッサージオイルなどいろんな使い方ができるとても万能なオイルです。

天然植物成分のブルークレールクレンジングオイル乾燥する?真相と効果

2018.05.31
30代

季節によっては皮膚科でもらったステロイドを顔に直接塗るほどだった私が、この2年半は一度もステロイドを塗っていないので、客観的に見るとすごい変化なんだと思います。

普段の生活にはすでに欠かせない存在となっていてアトピーで肌の状態が悪かった時を思うとずっと使い続けたいオイルです。

ローズバーム

数あるアイテムの中でも目立つ存在ではありませんが、アトピー肌や敏感肌の方が乾燥しやすい目元の薄い皮膚や唇に使いやすいバームです。

ローズバーム(保湿クリーム)の口コミと私の実体験本気レビュー

2018.06.16
20代

何か月間か使用しましたが、アトピーの肌にもしみる事が一切なく、使い心地抜群でスキンケアするのが楽しいです。

ローズバームが特に気に入って、アトピーで目の周りが気になっていたのですがお出かけ前に目元などに薄く塗ると乾燥が気になりません。

ローズの香りがいいので、気持ちも上がります。

40代

ブルークレールの中でローズバームも非常に優秀なアイテムだと思います。

アトピーでしばらくステロイドが続き乾燥が酷くなり、目元の薄いシワがヒビのようになってしまって気にしていたのが、1週間程で綺麗になりました!

アトピー肌で避けた方がいいのは?

刺激は避ける

アトピー肌には刺激は良くありません。

できるだけ肌に優しい無添加化粧品を選んでいく事をおすすめします。

刺激となるのはアルコールや合成界面活性剤などが入っている化粧品です。

また肌の状態によっては、尿素などの成分や製品の保存剤が、肌を刺激してかえってかゆみを引き起こすこともあります。

こういったものはできるだけ注意しましょうね!
ブルークレールは天然の保存料といわれるローズマリー葉エキスを保存料として使用しています。

肌に合うかパッチテストをしてみよう!

トライアルセットの写真

肌が弱っている可能性が高い場合、新しい化粧品を使用する前には必ずパッチテストを行ってください。

もし合わない場合は無理をせず使用を中止しましょう!

肌に合う化粧品かを確認するためにもブルークレールにはトライアルセットがついています。

ぜひトライアルセットでお試しをしてみてください。

白砂糖でアレルギーやアトピーが悪化する?

悩む女性

今まで甘い食べ物をたくさん食べた次の日は、アトピーが悪化している事はありませんでしたか?

白砂糖はアトピーやアレルギーのあるお肌には要注意です。

白砂糖をとると皮膚の炎症を抑える機能が落ちてしまい、アトピー肌が悪化してしまいます。

白砂糖はもともと自然界には存在しない人工的な調味料の代表です。

やはり私たちの身体は食べたものからできています。

ですが、一切の糖分を断つ事は無理ですので、できたらお家で使う調味料を白砂糖ではなく甜菜糖やはちみつ、黒砂糖に変えていくと肌にとっても安心です。

まとめ

アトピー肌や敏感肌の方は合う化粧品やコスメを探すのにとても苦労があると思います。

乾燥で肌がかゆくなる事もストレスなのに、メイクを楽しめないストレスもありますよね。

少しでもそういったストレスを軽くするためには肌がもともと持っている力を取り戻す事が大切です。

化粧品には肌本来の力を取り戻すためのサポートをする役目があります。

敏感肌やアトピー肌の方も将来の肌のためにエイジングケアができるのがブルークレールの化粧品です。

素肌の美しさを取り戻し、安定したお肌へ一歩づつ進んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です